葉酸のサプリメントについて

葉酸サプリメントは、葉酸を効率よく摂取するために、葉酸が体内に吸収される直前の形である「モノグルタミン酸型葉酸」をタブレット状やカプセル状にしたものとなっています。食事から摂取する葉酸は「ポリグルタミン酸型葉酸」であり、体内の消化酵素によってモノグルタミン酸型葉酸に変換された後に吸収されています。つまり、食事から摂る葉酸も、サプリメントから摂る葉酸も、どちらも最終的には同じ形で体内に吸収されています。

食事によって摂取する葉酸であるポリグルタミン酸型葉酸は体内に吸収できる形にするため、消化酵素によって分解されてモノグルタミン酸型葉酸になります。その際には量が減ってしまいます。このことから、食事性葉酸と葉酸サプリメントを全くの同僚摂取したとき、結果的に体内に吸収される養蚕としては食事性葉酸のほうが少なくなるということを知っておく必要があります。

したがって葉酸摂取量を正確に把握するためには、サプリメントとしての摂取量であるのか、食事性葉酸としての摂取量であるかを確認する必要があります。例えば厚生労働省が妊娠直後の妊婦への推奨量として「栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取する」ということが言われているならば、正しくサプリメントから400μgの葉酸を摂取する必要があり、食事性葉酸400μgでは葉酸不足であるということを知っておきましょう。

また、食事性葉酸には吸収率に難があり、葉酸サプリメントの吸収率に比べて低い事が知られています。この吸収量の違いを表すものとして、相対生体利用率という値が定められていますが、これは体内に入った成分のうち、どれだけの量が身体に吸収されるかということをあらわしたものです。

葉酸サプリメントの相対生体利用率は85%であり、非常に高い数値となっていますが、食事性葉酸の相対生体利用率は50%程度に落ちこみます。そのため、葉酸を摂取する対象がサプリメントか、食事かによって摂取量は大きく変わることとなります。葉酸を正しく摂取していくためには、相対生体利用率の差を正しく把握する必要があります。

そのほか、食事性葉酸を摂取するときの注意事項ですが、葉酸は熱に弱いことと、水に溶けやすい事を踏まえた調理が必要となる問う事です。生のままに野菜と、調理後の野菜での葉酸量を比較したとき、調理後の葉酸量は半分程度に減ってしまうことが分かっています。しかし調理をして摂取をすることには、おいしくたくさん食べられるというメリットもあるため、一概に調理を悪いとする必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>