男性も葉酸を

 妊婦には十分な葉酸が必要である事から、葉酸が必要なのは女性であるというイメージが強いものですが、最近の研究によって、葉酸の摂取が男性にも様々な特効があることが分かってきました。これはカリフォルニア大学の研究で明らかになったことですが、男性が葉酸サプリメントによって十分な量の葉酸を摂取するようにしたところ、男性の精子に影響を及ぼし、染色体異常が軽減されるという事が分かったのです。つまり、女性の場合の葉酸摂取は胎児が健康に育っていくために必要であり、男性の場合には精子が生まれる過程で影響があるということが分かったのです。
 健康的な男性であっても、精子の1~4%は染色体異常を持っている個体であることが知られています。染色体異常の精子というのは、奇形の遺伝子という事です。カリフォルニア大学の研究チームは、染色体異常がある精子の数と葉酸の摂取量の関係を超圧したところ、葉酸が十分に摂取した男性からは精子に染色体異常が生じる確率が低下したのです。
 つまり、葉酸摂取量の多い人は、葉酸摂取量が少ない人に比べて精子の染色体異常が少なくなるということが証明されたのです。染色体異常が少ない健全な精子が多いという事は受精率が高くなる事にも繋がるのではないかと期待されています。
 それまでの研究によっては、女性の葉酸摂取量が胎児へ影響を与えるという事は知られていませんでしたが、カリフォルニア大学のこの研究によって、男性の葉酸摂取量も赤ちゃんに影響を与えるものだという事は知られていませんでした。現段階ではこのことは研究段階に過ぎず、具体的に「葉酸を1日あたり○μgずつ摂取するようにすればこれくらいの効果がある」というような発表は出されていません、しかし、今後もこの研究から派生して様々な研究がなされていくでしょうが、この事実が一般に知られれば知られるほど、男性の葉酸摂取の大切さも広まって行く事でしょう。

 しかしながら、いくら精子の奇形を減らせると入っても、1日あたりの葉酸摂取量の上限である1000μgを超える量の摂取は控えるべきです。男性、女性ともに1000μgが1日あたりの上限として定められています。推奨される摂取量は、厚生労働省から定められている「通常の食生活に加えて400μgの摂取」がちょうどよい量であると考えるといいでしょう。
 また、男性が子作りのために葉酸サプリメントなどを摂取するときには、精子の生成サイクルなどを考えて、妊娠予定の3ヶ月以上前から摂取するようにしましょう。

このページの先頭へ