妊娠中の期待と不安

妊娠中は赤ちゃんに会えるのはとても楽しくて嬉しかったです。毎日とても幸せな日々を過ごしていました。またどうしても体調がすぐれないこともありました。毎日赤ちゃんが元気に健康に育ってくれるように日々食事などに気を付けていました。運動してヨガを行っていました。私は高齢で、健康な赤ちゃんを生むことを第一と考えていました。また出血したこともありその時はとても泣いてしまいました。今、仕事を休んでしまうのでまた、仕事に行けるかどうか不安になりました。また経済的な面でもやっていけるかどうかということもよく考えました。

 

私の仕事は固定収入ではなく出来高制だったので、どうしていいか分からないこともありました。しかしながら今はやってみようという気持ちになっています。仕事も好きだし、子供にも学費をたくさんためてあげたいからです。もちろん大学まで行かせるのは、勉強の費用がかかりますし大学の学費もかかりますがかわいい我が子の将来の為を思えば決して高くありません。また好きなことややりたいことを見つけて、引き伸ばしてあげるのも親の務めだと思っています。子供のことを考えるともちろんまだまだ親として未熟でちゃんと話を聞いてあげれるのかこの子の個性を生かしてあげるのか気になることもあります。また健康しっかり保てるかどうかすくすく大きくなってくれるかどうかと親としての喜びと悩みはつきません。

 

食事の面をしっかり食べさせたり、運動や普段から清潔に気をつけていかなければなりません。また事件が多いので不審者などに向け気をつけていかなければなりません。友人とうまくやっていけるのか好きなスポーツなどに出会い楽しめるのか、音楽や絵画を楽しめるかなどいろいろなことを考えます。しかし赤ちゃんに出会い本当に幸せで毎日喜びでいっぱいです。赤ちゃんが欲しい人にはみんな授かってほしいと思っています。私は不妊治療で授かりましたが本当によかったと思っています。

コメントを残す

このページの先頭へ