葉酸とは何か

 葉酸という言葉を聞いたことがある人は多いかもしれませんが、葉酸がどのような栄養素であるかということは知らない人が多い事でしょう。葉酸はビタミンの一種です。ビタミンというとビタミンCやビタミンEといったビタミンを思い浮かべる人が多いかと思いますが、葉酸はビタミンB群に含まれるビタミンです。
 葉酸が最初に抽出された野菜はホウレンソウです。様々な植物に多く含まれています。
 ちなみにビタミンというものは、人体が正常に機能していくためには必要不可欠な栄養素です、1日に必要とされる量は微量であるものの、不足すると身体に様々な不調が現れることとなります。現在栄養素として知られるビタミンは13種類であり、水に溶けやすい水溶性ビタミンと溶けにくい脂溶性ビタミンとに分けられます。ビタミンB群は水溶性ビタミンであり、食物の分解を助けたり、摂取した成分をエネルギーに変換するときに用いられたりしています。
 ビタミンB群には葉酸のほか、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸などがあります。
 ビタミンはそれ単体で働くというよりは、同時に摂取された他の栄養素の働きをスムーズにするための潤滑油として働きをします。炭水化物やたんぱく質をガソリンに例えるならば、ビタミンはエンジンオイルに例えることが出来るでしょう。中でも葉酸は血液に深く関係しており、他のビタミンB群と連携して働きます。
 葉酸の働きを列記するならば、
・DNAやRNAといった遺伝子を構成する核酸の合成に利用される
・赤血球の合成に利用される
・アミノ酸の合成とたんぱく質の生成を促進する
・皮膚の粘膜を丈夫にする
・口内の粘膜を丈夫にする
などといった働きが挙げられます。
 また、葉酸が不足することで体調には様々な変化が現れます。例えば巨赤芽球性貧血という悪性の貧血が引き起こされるほか、口内炎、食欲不振、舌炎、下痢などの症状が現れることとなります。
 
 葉酸不足で特に問題としていわれるのは妊婦に葉酸が不足することです。特に妊娠直後~妊娠3ヶ月目に当たる期間は胎児の細胞分裂が盛んな時期であり、このときに葉酸が不足すると胎児に神経障害が起こりやすくなるとされています。
 かといってやたらと摂取するのも考え物であり、過剰摂取によって特定の疾患が引き起こされる可能性が示唆されています。とはいっても葉酸は水溶性ビタミンであるため、過剰摂取したものは大部分が尿として体外に排出されます。そのため過剰摂取にそれほど敏感になる必要は無いとする考えもあります。

このページの先頭へ