妊娠直後~妊娠3ヶ月の葉酸摂取

 葉酸の摂取量は、妊娠前、妊娠直後から妊娠3ヶ月目、授乳期で異なります。ここでは妊娠直後から妊娠3ヶ月までの時期を取り上げますが、この時期は、胎児の成長において非常に重要な時期となります。細胞分裂が盛んな時期であり、神経などの期間が最もよく発達するのもこの期間なのでし。そのため、この時期に最も多くの葉酸が必要となります。通常の食事に加えて400μgもの葉酸が必要となり、この時期は母体に十分な葉酸を蓄えておく事が大切です。
 また、葉酸は摂取してからすぐに体内に蓄えられるまでに1ヶ月ほどの期間を要します。これは葉酸が水溶性ビタミンであるため、体外に容易に排出されてしまうことによります。そのため、妊娠が発覚してから慌てて葉酸の摂取を始めるのではなく、妊娠の予定があるならば早い時期から摂取しておくのが望ましいです。もし妊娠前から葉酸を摂取していなかった人は、妊娠が発覚したらすぐに葉酸を摂取するようにしましょう。
 上述の通り、妊娠直後から妊娠三ヶ月までの間に必要となる葉酸の摂取量は、栄養バランスを考えた通常の食品に加えて400μgの葉酸をサプリメントなどから摂取することが進められています。これは厚生労働省から発表された公的な見解であり、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるためには400μgというプラスアルファとしての葉酸摂取が必要であるとされています。通常の食事というのは、野菜を350g程度摂取している食生活のことを指しますが、現代人にとっては食生活の偏りによって、毎日その量が野菜を食べている人は少ないため、400μgの葉酸摂取の意義は重大のものとして捉える必要があるでしょう。
 ちなみに400μgの葉酸は、サプリメントなどを用いなければとても摂取できるものではありません。なぜならば、葉酸を豊富に含んでいるといわれるホウレンソウを摂取する場合でも、400μgの葉酸のためには1.5kgものホウレンソウを食べる火通用があるからです。
 葉酸サプリメントの多くが、この400μgの摂取にあわせて作られており、1粒あたりの含有量は100~400gとなっています。たくさん飲めば飲むほどいいというものでもないため、容量をよく確認したうえで、あくまで400μgを摂取するようにしましょう。
 また、葉酸サプリメントを摂取しているからと言って普段の食生活をおろそかにする事がないようにしましょう。葉酸はそれ単体ではうまく働く事ができず、他のビタミンB群と補い合って働いています。そのため、あくまでもバランスのいい食生活と組み合わせて活用する事が望ましいのです。

このページの先頭へ