健康に葉酸を

 葉酸は、妊婦にとっては欠かすことの出来ない栄養素として注目されています。しかしこれがなぜ必要なのか、どのような働きをするのかということはまだあまり知られていません。

 葉酸はビタミンB群の一種です。他のビタミンB群と同じく、代謝に深いかかわりを持っているほか、たんぱく質や核酸を合成するという働きを担っています。したがって、細胞の生産や再生のために欠かすことの出来ない重要な栄養素であり、身体の正常な発育のために働いています。

 細胞が新しく作り出されるときには葉酸が欠かせません。なぜならば細胞が新しく作り出されるときには当然ながらDNAが複製されますが、このときには核酸が合成されます。核酸の合成に不可欠な栄養素である葉酸は、細胞の生成に欠かすことが出来ないのです。

 そのほか、ビタミンB12と一緒にはたらいて赤血球を作り出します。このことから、葉酸が不足すると赤血球が作られない事や、不完全な赤血球が作られる事となってしまいこれが通常の(鉄分不足による)貧血の症状に加えて頭痛や倦怠感を引き起こします。

 以上の事から、生命維持のための様々な機能を正常に行っていくに当たって、葉酸は必ず必要となる栄養素なのです。とくに細胞分裂を活発に行う胎児においては葉酸が欠かせず、このことは厚生労働省の発表からも明らかな事であり、2002年からは母子手帳に葉酸に関する記述がくわえられました。

 この優秀な栄養素である葉酸は、1941年にホウレンソウから発見されました。発見されてからというもの様々に研究がなされ、最近研究では、葉酸には動脈硬化を引き起こす血中のアミノ酸ホモシステイン濃度を下げる作用があることが分かりました。この悪性のアミノ酸を血中コレステロールを下げる働きのあるメチオニンに変換する働きが明らかになったのです。

 葉酸が多く含まれる食品はホウレンソウやブロッコリーなどの緑黄色野菜です。肉類から摂取したいと思うならば、レバーからたくさんの葉酸が摂取できます(ただしレバーにはビタミンAも豊富であるため、レバーの食べすぎによるビタミンA過剰摂取には注意が必要です)。このほか、豆類にもたくさん含まれています。

 葉酸は水に溶けやすく、加熱に弱いので調理によって多くが失われてしまいます。
そのため、十分に葉酸を含む食材を食べていると思っている場合にも、実際のところは葉酸不足になっていることがあるのです。そのため、葉酸不足を防ぐためには葉酸サプリメントを摂取するのがおすすめです。

コメントを残す

このページの先頭へ